ニセコで夏ランチ

清々しい風が吹き、緑が豊かに潤う夏。目的地でも立ち寄りスポットでもオススメな夏のニセコランチスポットをご紹介します。

爽やかにそよぐ風と、突き抜ける青空と、草の匂いがどこか懐かしく感じる快適な北海道の夏。寒暖差のある気候が豊かな土壌で様々な恵みを育みます。そんなとれたての野菜を使ったレストランも多いのがニセコの魅力の一つにもなっています。夏野菜や、夏限定のメニューなどがある、この夏におすすめのレストランを紹介します。

杏ダイニングカフェ&バーのアイヌランチセット

Ainu Dish 561 1

雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられることが多い、ホテル木ニセコの1階にある前田料理長率いる杏ダイニングは、この夏、週末限定で北海道の先住民族「アイヌ」の伝統料理をランチセットとして提供します。アイヌの人々が実際に食していた料理の調理法や素材を用いながらもアレンジを加えたセットメニューが並びます。温かい汁物という意味をさす「オハウ」は、極寒の地に住むアイヌの人々の体を温めてきたものです。根菜や豆、ふき、魚やエゾジカ、熊肉などを煮込んだ具沢山な汁物で、主食が存在しないアイヌの食文化の中心をなす料理として知られています。そんなオハウを含むランチセットをいただくことができる大変貴重な機会です。

杏ダイニングでは、通常のランチも営業しております。

営業時間:夏期間週末限定11:30~15:00 (LO 14:30) 20食限定。なくなり次第終了。

料金:¥1,400、子供1,500円(7〜15歳)、保護者同伴の未就園児(0〜6歳)は無料

場所:ニセコひらふ(地図

お問い合わせ:0136-22-5151(杏ダイニング)[email protected]

手作りパンが食べ放題の雲レストランランチビュッフェ

Lunch Buffet Summer 2019 Kumo Lr 1012

焼きたて手作りパンが食べ放題と、パン好きの女性は黙っていられないはず。羊蹄山の絶景を楽しみながら、20種類以上の手作りパンが食べ放題。さらにニセコ界隈で取れた新鮮野菜を使ったサラダや、地元食材を使ったデザートも食べ放題。パスタなどのメインディッシュも1種類お選びいただけますので、きっと満足できるランチになるはずです。コーヒーやジュースなどの豊富なお飲み物もご用意。雲レストランは、真狩村や倶知安町など、羊蹄山麓の町村で育った地産物を積極的に取り入れたお料理を提供しています。レストランは夏期間、朝食、ランチ、ディナーを営業しています。

営業時間:夏期間の週末・祝日のみ 11:30 - 15:00

料金:大人: ¥2,000, 子供(未就園児 0-6歳) 無料

場所:ニセコひらふ(地図

詳細はこちらから。

お問い合わせ:0136-55-6421(雲レストラン)[email protected]

大満足のワンプレートランチならBistro Re Arbor

Bistro De Arbor

ひらふは泉郷エリアに昨年オープンしたばかりのビストロリアルボーは、地元ニセコと北海道食材がいきたお料理が楽しめるビストロです。フレンチやイタリアンなどのフュージョン料理で、小さなお子様から大人まで満足できるレストランです。メインが1品選べるワンプレートランチは、サラダとスープ、季節の惣菜、ご飯かパンが選べ、飲み物またはデザートが選べるセットとなっており、そのメイン1品もバラエティに富んでいるのが嬉しいところ。

営業時間:11:30 - 15:00 

料金:¥1,500

場所:泉郷(地図

お問い合わせ:0136-55-6603(ビストロリアルボー)

ちょっと足を延ばすなら丘の上のレストランPommeへ

Img 1021

何よりも、秘密にしておきたいとっておきのレストラン・・・と思えるほど、人里離れた丘の上に建つ隠れ家的レストラン、Pomme。真狩村が一望できる眺めと、喧騒からかけ離れたロケーション、またメニューのほとんどに自家栽培のお野菜が使われ、その野菜独自の甘みや優しい味が残った絶妙な調理法、自家製のパンやデザートで心も満ちる至福のランチがいただけます。メインが選べるランチセットがおすすめ。前菜、スープ、デザート、パンかご飯が選べます。店内の雰囲気はデートにもぴったりなので、洞爺湖やルスツなどへのドライブがてらにいかが。

営業時間:11:30 - 15:00

料金:¥1,800

場所:真狩村(地図

お問い合わせ:0136-55-5955 (丘の上のレストランPomme)

7月、ニセコエリアへ来られる方はこちらからイベント情報をチェック。